レコーディング方法いろいろ
料金表はこちら

レギュラーレコーディング
一般的なレコーディングメニューでCueBox、ヘッドフォーンを使用した状態での一般的なレコーディング方法です、2Boothを使用してDr、Bass(Line+Mic)の同時録音、BassがLine録りでOKであればGr(Mic)を含め3リズム、Keyも一緒に4リズム、音被りの無い完全にセパレーションされた同時録音が可能です、各パートの音被りがマイナスに働くジャンルにお進め、もちろん各パート順番に録り重ねていくことも可能です、このベーシックリズム完成後オーバーダビング作業へと進みます、この録音は演奏ミスのリテイク、録音後の詳細エディット、ミキシングに至るまで一番選択肢の広がるレコーディングです方法です、もちろんオペレータ付きでの録音になります

一発レコーディング
バンドらしさ、一体感、音被りもバンドの一部という各パートの音被りプラスと考えた録り方です、ジャズ、ブラスなどOffマイクを大切にする全体でリアル音源!!、といったRecにお進め、こちらもオペレータ付きでの録音となり、CueBox、ヘッドフォーンを使用するか否かはお好みで選択できます、基本的に音被りがありますので1パートのみの演奏ミスによるリテイクには向きません、シクったらみんなでやり直すか聞かないふりをすることを前提にチャレンジしてください、一発時録り時もボーカルだけは後録りが普通ですがご希望であればコントロールルームを使用して同時にボーカル録りをすることも可能です

2Mix持ち込みレコーディングなど
ボーカル録音、ラップなど既存音源(オケ)を聴きながらの録音、アナウンス、ナレーション、朗読録音など

Net Mix
収録済みデータをネット経由にてミックスをすることができます、詳しくはこちら



--Rooms allocating マイク割り参考例--
以下のようなセッティングでベーシックトラックを録音、オーバーダビング
録音へと進んでいきます、もちろん各パートごと順番に録音してゆくことも自由です





レコーディング作業行程